面接のコツ

派遣*面接突破の極意

派遣*面接突破の極意

皆さん面接と聞くと何を思い浮かべますか?

『緊張するもの』『いつも通りの自分が出せない』など得意な方は少ないのではないでしょうか。

そんな方に面接官目線での面接突破の極意をお届けしていきます♪

是非面接前に参考にしてみて下さいね☆

 

①第一関門=第一印象

面接に限らず第一印象ってとても大事ですよね。

第一印象ですべてが決まるとは言い切れませんが良いに越したことはありません。

まずは見た目。

スーツで来て頂く必要はありませんが『お仕事の面接』なのでご自身が働いているところを面接官に想像してもらいやすい方が有利です。

なので寝ぐせが付いていたり、しわだらけのシャツを着ていたり、ビーチサンダルを履いていたり、ジャージを着てきたり、、、

こういった見た目で行ってしまうとせっかく活かせる資格を持っていたりこれまでの経歴が素晴らしいものであったとしても

経歴の前に社会人として大丈夫??と思われてしまい、説得力に欠けてしまいます(´;д;`)

また派遣の面接ではスーツで来られる方が少ないので裏を返せばスーツでお越しいただくと印象に残りやすいかもしれません♪

 

次に挨拶。

面接官との対話の第一声は挨拶なのではないでしょうか。

挨拶のポイントは明るく、大きな声で、笑顔で行うこと。

まずはこの見た目と挨拶を意識してご面接に臨んでいただくと第一関門は突破です。

 

②第二関門=コミュニケーション

面接の際一番重要なコミュニケーションのコツは『目を見て話すこと』ではないかと思います。

意外と苦手な方が多いですが面接官は面接の際とても意識しています。

あまり意識していない方は日常の会話で意識してみて下さい。

お友達に話しかけているのに一つも目を合わせずずっと下を向いたままで相槌だけされていたらどう思いますか??

『全然興味ないやん!!!!!!!』ってなりませんか??笑

面接でも同様で、説明中に目を合わさず下を向いたままの方には

「この人面接に来ているのに本当に仕事のやる気があるのかな?(全然興味ないやん!!!!!!!)」と感じてしまいます。

仕事への意欲が見られないと面接官も不安になってしまい自信を持ってご紹介しづらくなってしまいます。

意識されたことが無い方は『目を見て話す』ことを意識するだけでも印象が良くなりますよ♪

 

③第三関門=正直に話す

面接では経歴やご希望などをお聞きするのでさまざまな質問に答えていかなければいけません。

面接となると少しでも印象を良くするためにお話を盛り気味で話したくなりますよね。

しかしここが落とし穴。お話を盛って得をすることは実は少ないです。

例えば紹介されているお仕事が自分にとっての最優先条件を満たさないのにとりあえず気にしない風に伝えてしまったり

思っていた内容と違うのに大丈夫です!と言ってしまいそのまま入社。1日で嫌になって辞めたい!!となるとご自身も時間の無駄ですし派遣先にも迷惑が掛かってしまいます。

逆に自分のやりたくないことや気になることはどんどん質問した方が良いです!

結果的に応募したお仕事が思っていたものでなかったのなら他のお仕事を紹介してもらえばいいだけなのです。

ただ質問の仕方にはお気を付け下さいね。飽くまでも面接官は人間ですので印象を大切にしてください。

 

①~③を意識しリラックスして面接に挑んでみて下さい!!

『面接NG行動集』もチェックしてみて下さいね(^^)!!!

面接NG行動集

面接NG行動集

面接でのNG行動集をご紹介します!

 

あまりにも早すぎる到着

面接の約束時間に遅刻することはごもっともですが

早すぎる到着はNGです(*_*)

早すぎる到着がNGな理由・・・自分の都合しか考えられない人だと思われてしまうから。

ではなぜそのような印象を与えてしまうのか、例を挙げて説明していきます。

例えば、ご自身のお家にお友達が遊びに来るとして14時に約束をしたとしましょう。

あなたは14時までに計画を立てて部屋の片づけをしたりして出迎える準備をすると思います。

それにもかかわらず13時にお友達が『早く着いたからもうきたよ~』と言われたら困りませんか?

14時に合わせて準備していたのに早すぎるわφ(`д´)となりませんか??

面接官も似たようなもので、面接以外の仕事も行っており、スケジュールを立てて実行しています。

それにもかかわらず30分前や1時間も前に行ってしまうと約束時間を決める意味が無くなってしまいます。

その結果、自分の都合しか考えられない人なんだな(lll ̄□ ̄)という印象を面接前につけてしまうことになります。

早く到着した場合は近くのお店か駅で時間をつぶしてから行きましょう。

面接の到着時間の目安は5分前~10分前が理想です✰

 

質問に長々と答えてしまう

面接官に質問をされた際、少しでも印象を良く見せようと考えるあまり長々と話過ぎてしまっていませんか??

面接官は端的な答えを求めています!

あまり長々と話してしまうと「結局この人は何を伝えたいのか?」「対話が出来ない」と捉えかねません。

職種によっては対話力が必要ない場合がありますがご紹介可能なお仕事の幅が増やせるのであれば増やしたいですよね!

『面接突破の極意』でも記載しましたがお話を盛る必要は全くないのでありのままをお話しください!

こうすることでミスマッチが減ってご自身にピッタリのお仕事を紹介してもらえるはずですヽ( ・ ▽・ )ノ☆☆★

 

前職の不満を話す

面接では正直に答えてくださいね、と書きましたが、例えば前職の退職理由を聞かれて愚痴を話したりすることは絶対にNG

面接官によっては共感してくれることもありますがやはりマイナスイメージにつながる可能性もあります。

社会人であるということを前提に言い回しを気にかけて伝えるようにしてください。

 

以上、面接でのNG行動集でした!

面接突破の極意と合わせて参考にしてみて下さいv(。-_-。)v

© 2021 GLOBAL STYLE co., Ltd All Rights Reserved.