WEB面接の事前準備について|用意する機器や身だしなみ、環境などを解説

WEB面接の事前準備について|用意する機器や身だしなみを解説

WEB面接の事前準備について|用意する機器や身だしなみを解説

就職・転職活動において、WEB面接を取り入れる企業が増えています。まだまだ新しい面接方法に、戸惑いを覚える方は多いのではないでしょうか。しかし、WEB面接は一過性のものではなく、選考の一つとして定着しつつあります。この記事では、WEB面接を行うために必要な機器や身だしなみ、環境を解説します。

WEB面接とはどんな面接方法?

WEB面接とは、インターネットを通じてオンライン上で行う面接のことです。ビデオ通話サービスを使用し、パソコンやスマートフォンなどの画面越しに実施します。
対面の面接との大きな違いは、WEB面接を行うために、機器やツール、環境を前もって準備しておく必要があるということです。最初に少しだけ手間がかかりますが、求職者側にとってもメリットは大きいものです。基本的に自宅で面接を受けるため、移動時間や交通費がかかりません。また、複数の企業との面接を1日のうちに済ませることも可能です。WEB面接を上手く活用すれば、効率よく就職・転職活動に取り組むことができます

WEB面接に必要な機器

WEB面接を受けるには、様々な機器やツールを揃えることが必要です。直前になってあわてないよう、余裕を持って準備しておきましょう。

機器(PC、スマートフォン、タブレット)

WEB面接を受けるには、PC、スマートフォン、タブレットのいずれでも可能です。できることなら、設置が安定しているPCをおすすめします。
PCの場合、画面が大きく面接官の様子がよく見えるため、より対面に近い雰囲気で面接を受けられます。PCの種類は、ノート型、デスクトップ型のどちらでも問題ありません。特にノート型は、何か部屋で不都合が起きても移動できるため便利です。
スマートフォンやタブレットの場合は、手持ちだと手ブレが起こりやすいためスタンドを利用しましょう。途中で傾いたり、倒れたりするトラブルを未然に防ぐことができます。

オンライン会議ツール

WEB面接に用いるオンラインツールは、事前に採用担当者から指示されます。主にGoogle MeetやSkype、Zoomなどのオンライン会議ツールを使用することが多いです。初めてオンライン会議ツールを使う場合は、アプリやソフトをダウンロードして、アカウント作成が必要になります。遅くとも前日までに登録を完了しておき、一度アクセスしてつながるかどうかを確認しておきましょう。
すでにアカウントを登録している場合は、プロフィール名とアイコンを確認してください。趣味で使っているアカウント名とキャラクターのアイコンのままになっていませんか?面接官に就職・転職活動にふさわしくないと、マイナスイメージを与えかねませんので注意してください。WEB面接であっても正式な選考ですので、アカウント名は自分の本名に戻し、プロフィール写真もビジネスにふさわしいものへと変更しておきましょう。

WEBカメラ

PCやスマートフォンなど、機器に内蔵されているカメラで問題ありません。事前に起動してみて、顔の位置や目線の高さなどを確認しておきましょう。面接中に映り方がおかしいと気づいても、設定し直すのは難しいためです。
デスクトップPCの中には、カメラを搭載されていない機種があるため注意しましょう。その場合、外付けタイプのWEBカメラを購入する必要があります。角度を自由に変えられるものがおすすめです。セットアップの必要がないタイプだと、取り付け後すぐに使うことができます。

マイク付きイヤホン

WEB面接には、マイク付きイヤホンの使用をおすすめします。機器に内蔵されているマイクを使用すると、生活音などが面接官に聞こえてしまう可能性があるためです。マイク付きイヤホンを使うことで、余計な雑音を入れずに自分の声を面接官に届けやすくなり、また、相手の声もしっかりと聞き取ることができます。聞き直しなどのトラブルを回避し、円滑にコミュニケーションを取ることができるでしょう。

背景の設定

背景は、画面の中でも目につくので、なるべく生活感のあるものが映り込まないようにしましょう。内蔵のカメラは意外に広い画角をしているため、余計なものが映らないよう気をつけてください。面接官に先入観を持たれないよう、できるだけ何もない壁を背景にするのが理想的です。
バーチャル背景の使用は、部屋が片付いていないのでは?と思われやすいため、避けたほうが良いと言われています。しかし、部屋のスペースが限られていて壁を確保できないこともあります。どうしてもバーチャル背景を使う際は、シンプルな白い背景を選択しましょう。

資料やメモの用意

WEB面接では、対面の面接と違って資料を見ながら受けることができます。企業情報や応募書類などを用意しておくと、確認しながら進められます。また、伝えたいことや質問したいことなどをあらかじめメモしておくのも安心です。ただし、手元に書類があると目線が下がりがちになるため、意識してカメラを見て受け答えするようにしましょう。対策として、目線をまっすぐに保つために、カメラの高さの位置にメモを貼っておく方法もあります。
WEB面接では、途中でインターネット接続が切れて、面接が中断するトラブルも想定されます。緊急時に備えて、会社の電話番号や採用担当者のメールアドレスなど、連絡先を書いたメモも用意しておきましょう

WEB面接の身だしなみ

WEB面接であっても、服装や髪型などは対面の面接の時と変わりません。しかし、画面から得られる情報が全てなので、第一印象はより重要視されます。意識して清潔感のある身だしなみを心がけましょう。

スーツ着用が基本

WEB面接でもスーツの着用が基本です。企業側から「私服」「服装自由」「スーツ以外で」などの指示がない限り、男性女性問わずスーツを着用しましょう。
上半身しか画面に映らないからといって、下にスウェットやジャージなどの部屋着の着用は控えましょう。機器を調節するために動くこともありますし、「最後はお互い立って挨拶しましょう」と面接官に促されるケースもあるのです。上半身だけきちんとした格好をしていなかったために、気まずい思いをしないよう気をつけてください。

髪型・メイク

自宅だとつい気が緩んでしまいやすくなるのが、髪型や顔まわりです。男性の場合、寝ぐせや無精ひげなどに気をつけてください。そのまま仕事に出かけても問題のない、清潔感のある身だしなみを整えましょう。
女性の場合、顔に髪がかかっていると暗い印象を持たれやすくなります。髪が長い人は、一つにまとめておきましょう。また、WEB面接では、薄いメイクだとノーメイクに見られる可能性があります。画面の映りを考慮して、派手になりすぎない程度に少し濃い目のメイクをおすすめします。

WEB面接で整えておく環境

インターネット環境さえあればどこでもできるWEB面接ですが、スムーズに行うには環境を整えておくことが重要です。

周囲の雑音が入らない静かな場所

WEB面接は、雑音のない静かな場所で受けるのが基本です。自宅で行うのが一番良いのですが、近所で行っている工事の騒音や、電車・車の音などから難しい事情もあります。その場合は、インターネット環境が整っている個室のレンタルオフィスや貸し会議室などの利用をおすすめします。ただし、カフェなど不特定多数の人が居る場所は、雑音のほかにセキュリティーの問題があるため不向きです。

インターネット回線が安定していること

安定したインターネット環境が整っているか確認しましょう。電波の弱い場所だと、音が途切れたり画像が乱れたりして、接続が切れてしまうこともあります。WEB面接の際には、Wi-Fiルーターの近くに座ることや、有線LANケーブルを直接接続するなどして、安定した接続環境を確保しましょう。

充電の確保と通信データ使用量

WEB面接中に充電切れを起こしてしまわないよう、十分に充電されているか確認しましょう。PCの場合、電源ケーブルを差したままにしておくと安心です
スマートフォンやタブレットの場合は、万が一に備えてモバイルバッテリーや充電器の用意をしておきましょう。また、通信データ使用量の制限を超えてしまうと通信速度が遅くなります。WEB面接では、通信データ使用量が多くなるので、残量を確認しておきましょう。

まとめ

今回は、WEB面接の事前準備について解説しました。WEB面接は、機器やツール、環境などを整える必要があるため、最初だけ少し大変かもしれません。今後、WEB面接の需要はますます増える傾向にあります。事前準備をしっかり行い、余裕を持ってWEB面接に臨みましょう。

 

 

・「派遣お役立ち情報」記事一覧に戻る
https://www.my9.jp/v2/globalstyle/index.cfm?fuseaction=contents.fcts&cid=1730

・お仕事をお探しの方はこちら!
https://www.my9.jp/v2/globalstyle/index.cfm?fuseaction=job.joblist

© 2022 Copyright © GLOBAL STYLE co., Ltd All Rights Reserved.